現在,小学校の5,6年生では「外国語活動」として英語の授業が必修化されています。現在は正式な教科ではなく,英語に親しむことを主な目的としています。
しかし,文部科学省の方針で,2020年以降小学校の英語活動は3年生からに前倒しとなり,5年生からは正式な教科となることが決定しています。

英語は特に早期からの学習が効果的で,学校によっては低学年の1,2年生から始めているケースもあります。

「できる!!がふえる↑ドリル」は小学生から英語の学習もできるよう,下記の3点をラインナップしました。
『アルファベットと英単語』(音声CDつき)
『英単語ときほんの文』(音声CDつき)
『リスニング&スピーキング』(音声CD-ROMつき ※パソコン専用)

3点とも音声つきなので,ネイティブの発音を聞いて学習できます。
特に,『リスニング&スピーキング』は,は,リスニング問題が豊富なうえ,チャンツをはじめとした,英語を話せるようになるためのさまざまな工夫がされています。
これらのドリルで学習することで,英語になれ,正しい発音をいまのうちから身につけることができます。英語の得意な中学生をめざしましょう。